パソコンの消費電力の高さが問題に

私の家庭には二人の子供が居るのですが、
二人とも中学生にも関わらずパソコンのゲームが趣味で困っていました。
パソコンというのは一台でも消費電力がかなりかかるのですが、
息子が二人とも消費電力のかかるパソコンのパーツを欲しがる為に、
それを買い与えている内に月の電気代がとてつもない金額になってしまったのです。
嫁もそれについては大変怒っており、このままの電気代が続くのであれば、
息子二人からパソコンを没収すると私に言い始めてしまいました。
せっかく息子に買い与えたものを没収するというのもあまりにも可哀想ですし、
このまま高い電気代を支払い続けるのも大問題だと考えて思い付いたのが、
埼玉の日照時間の長さを利用して、太陽光発電で電気代を減らすという方法です。
その方法を嫁に話してみたところ、導入コストだけ見て最初は反対していました。
しかし早い内に導入コストの元手が取れるということを説明すると、
これなら安心出来そうと一瞬で反応が変わってくれたのが面白かったです。
その上、息子二人も親が電気代で揉めているという事をこっそり聞いていたらしく、
パソコンのゲームで遊ぶ時間を減らしてくれたのも嬉しい話でした。
わざわざ説教をしなくても子供自身で分かってくれたというのが嬉しかったのです。
太陽光発電の工事が終わった後に屋根を見てみると、
このパネルが我が家にあった問題を解決してくれるだけでなく、
家族それぞれの電気代に対する考え方も変えてくれたのだなと思うと、感謝の気持ちすら覚えます。

« 前ページへ次ページへ »