太陽光発電に適した川越市

カテゴリー:川越市で発電

川越市というのは、日照時間が全国平均に比べると長いのだそうです。
お日様が出ている時間が長いということは、それだけ太陽光発電に向いた環境にあるということで、川越市では市を挙げて積極的に太陽光発電の導入に取り組んでいます。
null住宅用の太陽光発電システム設置に対する補助事業をしているほか、市内の公共施設に太陽光発電システムの設置をしています。
市内の公共施設の例を見てみると、その施設数は80程度ですが、なんと市立小中学校全校と言いますから、単に太陽光発電の設置というだけではないメリットがあります。
つまり、学校で使うエネルギーは太陽光が賄っているということを、子供たちに実際に教えることができるのです。
エネルギーというのは目に見えないものだけに、意識して考えることが少ないと思います。
子供たちが学校で使う電気は太陽光発電によって作られたものだということを、実際に設置された太陽光発電システムを見て理解できるという点で、川越市は教育にも役立てていることになります。