熊谷市に必要な太陽光発電

カテゴリー:熊谷市で発電

熊谷市のある埼玉県は日照時間が2042時間と全国第13位にあります。null
全国的な順位ではトップテンは外れていますが、関東地方の県としては上位にあります。
そして、驚異的なのが年間の快晴日数です。
これは、熊谷市がダントツの全国第1位なのです。
年間の快晴日数の全国平均は1981年から2010年の過去30年間をまとめた気象庁のデータによると、28.4日です。
これに対し、熊谷市は58.6日と2倍近く晴れる日に恵まれていることになります。
ただ快晴が続くだけならいいのですが、真夏には40度を超える猛暑日が出現するなど、全国的にも有名になる異常な気温を記録しています。
震災によるエネルギー不足や地球温暖化による省エネ対策などにより、全国的にはエアコンの使用を控えたり、エアコンの設定温度を高めにという流れがあります。
しかし、熊谷市においてみれば、この異常な高温の中で、エアコンを控えたり、設定温度を高めにするのは、市民の健康を脅かす事態になってしまいます。
特に小さなお子さまや高齢者などの体力がない方や、家族の一員として可愛がられている小さなペットはたまりません。
そこで有効に働いてくれるのが太陽光発電なのです。
太陽光発電は太陽が出ている時だけ発電し、太陽光が強いほど、発電量が多くなります
快晴日数が多く、日照時間も長めで、しかも、真夏に太陽が照りつける度合いが強い熊谷市は、太陽光発電をするうえでは、最高のコンディションにあるといっても過言ではありません。
太陽光発電を設置すれば、暑さの厳しい日中に一番、多くの発電量を得られるはずです。
その発電した電力でエアコンの使用電力をまかなえば、電力会社から電力を買う必要もなく、CO2も発生することなく、快適に部屋を冷やすことができます。
つまり、今のように節電をしないと電力不足になるとか、エアコンを使い過ぎると地球環境に悪いということを気にせず、自分たちや家族の健康を考えて、部屋を冷やすことができるわけです。
さらに、これだけの太陽が出ているので、太陽光発電システムの性能や規模によっては、余剰電力も生じるかもしれません。
その余剰電力は、電力会社に売電し、電力不足で苦しんでいる地域や家庭へと送電することができます。
地域社会に貢献しながら、売電収入も得られるのは、とても気持ちがいいことですね。
このように熊谷市にとっては、太陽光発電はとても恩恵があるものであり、市民の健康や快適な生活をもたらすものであることを知って欲しいですね。